PLANNING【キャンプ場ウェディング計画中の方】

アウトドアウェディングのおすすめアイテムTOP11【写真映え&実用性】

  • アウトドアウェディングでおすすめなものって何?
  • あって良かったものって何?

そんな質問に答えていきます。

※この記事を書く僕たちは、実際にキャンプ場でウェディングパーティーをしています。
»キャンプ場ウェディングの写真

アウトドアウェディングおすすめアイテムランキング

キャンプ場ウェディングで実際に使用したアイテムを紹介していきます。

どれも欠かせなかったものです。

それではどうぞ!

ニコちゃんマークのシャボン玉

ニコちゃんマークのシャボン玉です。これは断トツの1位です。

ポイントは3点。

  1. 写真映えする
  2. 統一感が出る
  3. 子供が遊べる

写真映えする

シャボン玉は写真映えがすごいです。非日常感を演出してくれます。

統一感が出る

僕たちの場合は、ニコちゃんマークのシャボン玉を参加証がわりに配布しました。みんなが持っているので、統一感がありました。白のドレスコードによく合いました。

子供が遊べる

子供もずっとシャボン玉で遊んでいました。

ビッグマシュマロ

コストコで購入したビッグマシュマロも良かったです。写真では奥のビンに入っています。竹串がさしてあります。

会場に設けたBBQスペースでマシュマロを焼くことができます。かなり大きいサイズのマシュマロで楽しんで焼いていたようです。

メイソンジャー・小瓶

メイソンジャーと小瓶は僕たちのアウトドアウェディングでは欠かせないマストアイテムでした。

各テーブルにメイソンジャー2個、小瓶1個を置いていました。

虫よけキャンドル

ハイネケンの後ろのメイソンジャーにキャンドル(虫除け効果あり)が入っています。

キャンプ場のような屋外の場所だと、虫も当然います。虫よけキャンドルは急遽購入したのですが、雰囲気も良くなりました。

ハイネケン・ZIMA・フルーラ

ハイネケン・ZIMA・フルーラのドリンクは写真映え最高の必須アイテムです。

特にハイネケンの野外感は最高です。僕たちの場合ははじめ一人一本ずつビンの飲み物を用意し、その後は缶のドリンクにしました。

パラソル

パラソルもアウトドア感を演出するアイテム。パラソルがあるだけで野外の雰囲気になります。

軽い雨も防げるし、日差しも遮ってくれます。アウトドアウェディング必須アイテムです。

白布

白布はアウトドアウェディングのラフなイメージを引き締めて、パーティー仕様にする必須アイテムです。

テーブルクロスとしてもいいですし、テーブルライナーのように使っても良いです。想定よりも金額が高かったため、僕たちはテーブルライナーとして使用しました。
»参考:キャンプ場ウェディングの費用

また、メインテーブルのソファーを白布でくるんだり、装飾としても利用しました。色んな場面で使える優れものです。

白レース

セレモニーの木に装飾した白のレースの布地。白布よりも透明感があったほうが雰囲気が出ます。カーテンのレースのような透ける布地を使いました。

りんご箱・黒板・ウェディングサイン

りんご箱・黒板・ウェディングサインも必須アイテムです。りんご箱はメインテーブルの装飾の段差をつけるために使用しました。

また、余興の際に新郎新婦が座るイスとしても利用しました。

黒板・ウェディングサインもアウトドアウェディング感を醸し出す必須アイテムです。

これだけで楽しげな雰囲気になります。ウェディングサインは廃材を使い、DIYしました。かかった費用はペンキ代だけです。

電球

電球も必須アイテムです。特に夜のパーティーや、昼間のパーティー後の二次会など、暗くなった時に重要です。

電球があるだけで雰囲気が良くなります。

プリザーブドフラワーブーケ

僕たちは、キャンプ場ウェディングの前に親族のみの結婚式を挙げています。

その際に使ったプリザーブドフラワーブーケをキャンプ場ウェディングでも使いまわしました。

キャンプ場ウェディングで生花のブーケを用意するのは場所的にも金銭的にも難しかったので、プリザーブドフラワーが大活躍しました。

まとめ:アイテムはこだわろう

アウトドアウェディングのアイテムを考えるのは楽しいです。

どんなアイテムを用意したら写真映えするか、楽しいか、役に立つか。

色んな妄想をしながら、自分たちならではのパーティーを作りあげてください。

キャンプ場ウェディングを計画する流れ【自分たち企画】「キャンプ場ウェディングを自分たちで企画したいけどどうやって計画を進めていったらいい?」 そんな疑問に答えていきます。 ※こ...